top of page
  • きしもと医院

2024年6月院内掲示事項

・当院では電子カルテシステムを導入しております。

・診療費の明細を無料でお渡ししております。

・電子処方箋の対応及び診察室においてオンライン資格確認システムにより取得した診療情報等を診療に活用いたします。(現在準備中)

・マイナ保険証の利用を促進しております。

・第8次医療計画における協定を締結しております

・発熱患者に関しまして 受診歴の有無無関係に診療可能です(発熱外来は予約制)。

・発熱患者の受け入れに際し、受け入れのための感染対策として時間的空間的動線を分けております。また症状が持続悪化の場合はより精密検査など必要な医療機関へ紹介が可能な体制を整えております。

・慢性疾患の処方に関して 28日以上の長期投薬を基本としていおります。またリフィル処方も可能ですが制約も多く、可能な場合、主治医の判断で適否を判断させていただきます。

最新記事

すべて表示

発熱時の検査に関して

インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症 その他発熱を伴う感染症が増加しております。 周囲でインフルエンザの方がいますと心配になられるとは思いますが 発熱もしくはその他の症状が出現後8時間以上(理想は12時間ほど)経過しない場合 検査で陰性であっても インフルエンザは否定できず、後日再検査になることがあります。 発熱直後は検査の対象にならないこともあります。 解熱剤は服用されても構いませんので 一

院内でのマスク着用をお願いいたします

マス着用が義務ではなくなりましたが 引き続き コロナウイルスをはじめ感染症が数多く 感染することで重症化するリスクのある方々も受診されることから 院内では引き続き マスクの着用をお願いいたします。 発熱者への検査は 新型コロナウイルス5類への移行後も 対応はこれまでと変えることなく 事前の電話連絡の上 時間指定で検査となります。 ウイルスが変わったわけではないこと 感染例がゼロではないこと 感染で

発熱外来に関しまして

新型コロナウイルス感染症の流行が継続しております。 発熱のある方の診察は 院内感染など 感染拡大の予防が 必要になります。 37度以上発熱を認めた症状の診察を希望される場合 まず電話連絡をお願いいたします。 建物へは直接入らないようお願いしております。 事前の連絡なしで来院されましてもそのタイミングではまず診察はできません。 検査時間などお伝えしますのでまず電話連絡をお願いいたします。 発熱のある

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page